肥料

肥料は成分や植物への効き方、特徴などによって種類があります。大別すると固形肥料、液体肥料(液肥)とがあり、形状も使い方によってそれぞれ違います。

固形肥料は、主に盆栽用土表面に置くのが通常の使い方です。その後、水やり、または雨によって肥料の成分が土壌に溶け出し、ゆっくりと浸透していきます。

一方、液体肥料は、盆栽に取り込まれるのが早く即効性があり与える量を把握しやすいです。

成分

有機質肥料

植物性由来、動物性由来のものがあり、土地の中の微生物に分解されてから

植物の根に吸収されます。

基本的にゆっくりと効き、効果が持続されるのが大きな特徴です。

タンパク質、またはアミノ酸をメインの肥料成分として、

「窒素・リン酸・カリウム」の3要素を加えたものが主ですが、

種類によってはホウ素、マンガンのような微量要素を加えた肥料もあります。
土をふかふかにしたり、団粒構造を促したりと微生物の働きに助けられるので、

土壌改良にも効果が期待できます。

無機質肥料

一般的に化学肥料と呼ばれるものです。

自然界に存在する鉱物が原料で清潔感があり、あまりニオイも気になりません。

有機質肥料とは違い、成分が水に溶けることによって植物の根が吸収しやすくなります。

「窒素・リン酸・カリウム」の3要素を含み、このうちの1つだけの成分を含むと「窒素肥料」、2つ以上含んだ肥料は「複合肥料」とも呼ばれます。即効性が高く、安価なのでガーデニングや家庭菜園で使われることの多い肥料です。

しかし、多用すると盆栽の培養管理に悪影響を及ぼすこともありますので、使用には注意が必要です。

液体肥料の成分

液肥の主要となる成分は、窒素(N)、リン酸(P)、カリウム(K)の3つとなり、3要素と呼ばれるのが一般的です。ほかにカルシウムやマグネシウムを加えると、5要素になります。

・窒素(N)  

葉や茎の生長を促進。

植物に限らず生物に最も重要で基本的な生体成分である、たんぱく質と核酸の構成要素。

特に葉を大きくするので、葉肥(はごえ)とも言われています。

この窒素が足りなくなると葉が黄色くなり、過剰な場合は植物が軟弱になりやすい。

・リン酸(P)

花や果実、根の生長を促進。 

細胞の分裂、増殖、伸張に深く関わり体力を恒常的に維持し成長するために必要なもの。
花肥(はなごえ)・実肥(みごえ)と言われることもあり花や果実を肥やす働きがあります。

不足すると花つきが悪くなり、植物の種類によっては葉が赤紫色になることもあります。

・カリウム(K) 

根や茎を丈夫、病害虫への免疫力。 

植物内の様々な化学反応を進める進行役(補酵素)。

光合成の働きを助け、根の育成を促す役割を持つ成分です。

そのため根肥(ねごえ)と言われることもあり実物盆栽に与えると果実の付きを高めます。