蟠幹
蟠る(わだかまる)蛇の様子に例えて蟠幹と言う。根元が太く頭頂部に蟠りながら細くなる樹形。

立ち上がりの部分が強いので、根張りを露出させるようにすると全体的に調和がとれる。
箒作り
温暖な平野部などで生長する欅の立ち姿の美しさから習った樹形。

大地から垂直に生長した幹の立ち上がりから、箒を逆さにしたような枝が展開する樹姿は、落葉したあとも見応えがある。
模様木
幹に自然に発生する曲線状の模様がある盆栽を総称する樹形。

幹模様は、盆栽の正面から見えるように、枝は幹が見え隠れするようなバランスで配置すると模様木の美しさがより表現できる。
文人木
文事を重んじ、風雅を好み詩文などに秀でる人(文人)が好む樹形であることが由来で、水墨画などに描かれている姿を連想させる。
一種の侘しさが漂い、華奢で軽妙な作りが求められる。

古木で細幹ながらも適度な模様と枝の配置バランスで全体的な雰囲気を表現する。
直幹
大地からの幹の立ち上がりから頭頂部まで垂直に伸長する姿の樹形。

穏やかな気候のなかで生長した樹木の雄大な迫力が最も表現しやすい。
双幹
双幹は、主木に寄り添う副木で表現している樹形。

主木と副木のバランスは、樹高の高低・幹の太細・其々の枝の配置などが緊密に絡みあい全体的な調和をとることは難しい。
石付き
岩山や孤島などに生育している草木を景色として表した樹形。

石付きは、草木の姿だけではなく、石にも観賞的なバランスを求める必要がある。
吹流し
幹や枝が一方向に傾いて靡く姿を表現した樹形。

全体的な枝や幹の長短や強弱で調和を図り、其々の前後左右のバランスが最も重要なポイント。
斜幹
樹木が、風雪の影響で斜めに傾き倒れそうな姿は、厳しい環境で生きる樹木の生命力を感じさせる。

枝の配置は、幹が倒れている方向にどのような配置を表現するかが難しい。
植付け位置も傾きの角度になどの工夫が必要。
三幹
主木と副木2本で構成される樹形。

其々の頭頂部や枝の配置バランスが難しく、長短と強弱で調和した樹姿に仕立てることが大切。
根連なり
樹姿は寄植えに似ていますが、樹木の根が連なる様を表現している。

「根連なり」という樹形の最も見所があるのは、其々の根の動きが幹や枝のように表現されているところであり、その配置なども含めた全体的なバランスを考える必要がある。
懸崖
険しい断崖絶壁に根を生やし、風雪などの影響で樹姿が垂れ下がる風景を表現する。

樹木の頭頂部が、鉢縁(根元)より低い位置にあるものを「懸崖」、頭頂部がそれほど下がっていない位置にあれば「半懸崖」と言う。

樹木と鉢のバランスが難しい樹形であるため、樹種の選択や植付けの位置などの工夫が必要である。
根上がり
根が露出し幹の様に立ち上がる樹形。

自然界では樹木の根元の土が雨風で浸食され、根だけむき出しになった状態で頭頂部を支えて立っている姿を見ることができる。
全体的な強さのバランスを取ることが大切。
株立ち
樹木の根元から多数の幹が立ち上がり、地際から分かれている樹形。

多幹であるが故に、其々の配置であまり交差したり重ならないようにすることも大切で、全体の調和がとれると美しい。
寄植せ
森林や里山を表現した樹形。

樹木の配置は、主木とその周囲の副木群のバランスが大事で、枝の配置や奥行きまで感じられるように作る必要がある。
Show More
 

​盆栽の樹齢

盆栽の正確な樹齢判断は難しい。

 普通、樹齢は年輪から計測するが、生長している盆栽の幹を輪切りにするわけにもいかない。中心部に至る小さな穴を掘り、得られた資料から年輪を調べることも出来るが、盆栽に穴を開けるのは抵抗がある。今は放射線等を利用して、CTスキャナのような装置を工夫すれば、あるいは年輪を数えることができるかも知れません。

盆栽の3Dデータ化

 そもそも盆栽の中心部まで、しっかり年輪が詰まっているとは限らない。多くの盆栽は鉢の中で緩やかに生長しているので、年輪を全て判別できないし内部が空洞であったり、腐朽しているものもある。炭素14法により、腐朽が始まった年代を調べることもできるかも知れないが、それは樹齢の下限値を定めるに過ぎない。